【毎日更新】line walker Fate GOプレイ日記

Fate/Grand Order関連の記事しか書いてません。たぶんFate関連のブログじゃ画像使用数が世界一であると自負しています。

【FGO】期間限定Fate/EXTRA CCCxFate/Grand Order スペシャルイベント「深海電脳楽土 SE.RA.PH」【第三幕 ナッツ・クラッカーをもう一度(3/3)】


舞台は海洋油田基地セラフィックスへ。それは月の聖杯戦争を模した地獄。
最後のひとりになるまで脱出できない快楽の檻。
崩壊までのタイムリミットはあとわずか。
乱舞する欲望(エゴ)の最奥に潜むものは、果たして―――


・前回まで
突然カルデアのシステムを乗っ取った上級AI「BB」。
彼女は、カルデアの資源調達基地である海洋油田セラフィックスが、2030年のマリアナ海溝に沈んでいることを告げる。
特異点の反応を辿って、「BB」の案内する2030年にレイシフトした藤丸立香だが、BBのジャミングによって一緒に同行したネロ、エミヤ、玉藻の前と逸れてしまう。

胸部エリアにある管制室を目指す一行は、裏側から管制室までのルートを目指す。
ロビンフッドの案内で、裏側から管制室へ行けるルートを知ることができたが、それにはエリアの表側に戻る必要があり、表エリアには拘束され、暴走状態の強力なアルターエゴ・パッションリップが待ち構えていた。



彼女は愛憎。


生に憧れ、人に憧れた。





彼は憎悪。


生に溺れ、人を恐れた。





生きたかったものと、死ねなかったもの。

彼は、自分を見失った。

彼女は、相手を見失った。



迷宮の中で、渦巻く闇に、誰もが他人を信じられず疑心暗鬼。

怖い、怖い、怖い。





●にたくない。●ぬのはいやだ。



電子の海で想いが彷徨う。


電子の海で狂気が彷徨う。













よし、パッションリップを止めに行こう!



ぐるん。と視界が反転する。上が下で、下が上。

逆さまになった世界に落ちるように登っていく感覚。






あれ?エミヤの姿が無い。。。。























殺戮の守護者は不敵に笑う。

それが何を意味するのか、その場に居なかった者に知る由も無かった。









一行は、ロビンの案内で表側、ブレスト・バレーにたどり着いた。





到着した途端、大量の攻勢プログラムに包囲された。

ロビンも騙されていたようだが、どうやら敵陣のど真ん中にジャンプしてしまったようだ。




そして、敵陣の向こう側にいた。パッションリップの姿がある。



絶叫がエリア全土に響く。その声だけで全身が凍りつくようだ。




小僧!?・・・ってBB?!


いつもの番組風演出をすっ飛ばして、突如BBが通信回線を開いた。







いつの間にか消えていたエミヤの穴をロビンが埋めてくれた。

対軍戦闘に慣れているのか、SE.RA.PH.の地形を利用した罠で攻勢プログラムを次々と排除していった。







くっ、所詮は☆3。ロビンのレベルが中途半端だったから・・・。










乙女・・・コースター・・・!?なんだか懐かしいような気もするけど・・・(遠い記憶)







なるほど、あの大きなお。●●に触れれば良いんだね(死ぬね)








この声は、、、、ガウェイン!?


見ると、そこに血だらけの姿のガウェインが、背後からパッションリップに飛びかかった。





暴れるリップの動きを押さえつけようと、ガウェインは全身を使って彼女の動きを封じようとしている。





ガウェインの覚悟を無駄にはできない。今しか、チャンスはない!



震える足を精一杯の力で前に押し出す。

目の前まで迫って彼女の胸に手をのばす。

その瞬間――――。








BBの声がする。いつものように人間を試すような、挑発じみた言い方ではなく、とても丁寧で、相手を思いやる優しさが込められていた。




そこはパッションリップの中の世界だった。

愛情、憎悪が相反する世界。

中にいるだけで彼女の気持ちが、想いが伝わってくる。



彼女は苦しんでいた。

もがくように、その巨大な両腕を振り回す。

それは全てを傷つける凶悪な台風と化していた。


残った戦力をかけ合わせて、全力でパッションリップに挑む。

BBの支援を無駄にはできない、ガウェインの命懸けの覚悟を無駄にはできない。

彼女の悲しみを、これ以上放っておけない!






キャット・・・!キャッチ!



パッションリップの拘束具が外れた。瞬間、彼女は意識を失ったが、キャットが見事受け止めてくれた。





そう言いつつもガウェインはかなり辛そうだ。今もフラリと目眩を起こしている。







・・・。あ、うん・・・・・・(・・・。)。



















エリアのセンチネルも消え、SE.RA.PH.化されていないエリア、管制室に一行は入った。

そこにあったのは・・・。





・・・!



天井まで伸びる黒い影。

無数の目が縦横無尽に視界をぐるぐる巡る。

それは紛れもなく、魔神柱がそこにいた。




こちらを見るなり魔神柱は攻撃を仕掛けてきた。

とっさの自体だったが、戦闘を予感していた一同はすぐに反撃の態勢を取った。


しかし狂ったように攻撃を仕掛けてくるが、その行動はなぜかワンパターンだ。

まるで、プログラムされた機械のようだ。

一度見切れれば、魔神柱でも時間をかけずに倒すことができた。



今の魔神柱、心なしかあまり強くなかった・・・?





すると、奥から拍手をしながら一人の男が現れた。

どうやら生存者のようだった。






あ、はい。


とりあえず、ここまでの経緯を全て話した。







すると男は一瞬驚いたような顔でガウェインを見た。





まぁでも生存者がいてよかった。









あぁ、メルトリリスは信頼できる味方です。









えっと、、、マーブルさんなら救助しました。



そういえば、ここから天体室はどうやっていくんだろう?











前の時?以前もここに来たことがあるの?














じゃああの魔神柱はいつから?







でも、なんだろう。さっきの魔神柱ってやっぱり・・・なんか変だった。











あぁ、よろしく。




とりあえずアーノルドを連れて教会に戻った。









(まぁ、間違っちゃいないな。)




あ、エミヤ戻ってたんだ。










拘束具の下には、あどけない顔があった。どうみてもカワイイ。











うん、、そうだね。色々大きいね。。。








(まぁ)






慌てたようにリップが言う。




もちろん、これからお願いするよ、リップ。







(豊かな胸の)少女の涙のために戦うって言ってた。



































パスコードでロックを解除する。

途端に視界が自分のものではないもので覆われた。



























































映像はそこで終わった。




魔神ゼパル・・・。これ、魔神柱案件だったのか・・・!!




そんなの全然聞いてな・・・

















SE.RA.PH.にするために月の聖杯戦争を模した・・・とか?











なるほど、話が見えてきたぞ。






センチネルとBBを倒すこと、だね。








もちろん。























































外で二人の声がした。
内容はわからなかったけど、覚悟のようなものは伝わってきた。





夜。





















朝。

眠たい目を開けて礼拝堂に降りる。

おはよー。





みんなの様子がおかしい。何かあった?




え、ガウェインが・・・。











やめよう。ここで誰かを疑ってもしょうがない。

メルトもリップもやってないよ。



























わかった。いこう。









疑惑の教会。


お互いが疑心暗鬼になる中、探索は続いた。