【毎日更新】line walker Fate GOプレイ日記

Fate/Grand Order関連の記事しか書いてません。たぶんFate関連のブログじゃ画像使用数が世界一であると自負しています。

【FGO プレイ日記】序/2017年 12月31日「第8節 人類未踏の旅へ」【プロローグ】

 

 

!!!!!!!!ネタバレ注意!!!!!!!!

 

 

レフ「ペーパームーン?なんだね、それは?」

 

オルガマリー「あら?レフにはまだ言ってなかったわね。これは、アトラス院の技術を用いて作った、もう一つのレイシフト技術よ」

 

レフ「もう一つの?カルデアスとシバを使った技術とは別に、そんなものがあったのか」

 

オルガマリー「えぇでも。これはもう必要ないわ。だって――――――。」

 

 

 

 

 

[序8]

 

ダ・ヴィンチちゃんの咄嗟の機転でコヤンスカヤ達から逃げ、一行はついに格納庫にたどり着いた。

 

 

 

 

[序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8]

 

それは浸水する水のように、格納庫内の壁・床・天井がどんどん凍りついていく。

 

もう時間はない。

 

[序8] [序8] [序8] [序8] [序8]

 

 

どくん。

 

その声は、地の底から伸びた死神の声だった。

 

 

[序8] [序8] [序8] [序8] [序8]

 

 

 

[序8]

 

 

え。

 

振り返って、全てが停止した。

 

 

 

[序8] [序8]

 

真っ白い凍った床に、真っ赤な血が流れる。

 

[序8] [序8]

 

なんだ、こいつは。

 

何を言ってるんだ。

 

こいつは、なんで、

 

 

なにがそんなに可笑しいんだ!!!!

 

 

[序8] [序8]  

 

 

ダ・ヴィンチちゃんーーーーー!!!!

 

 

[序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8]

 

いやだ。だめだ。そんな、できるわけない。

 

ここで、あなたを置いていくなんて。

 

[序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8]

 

 だめだ、だめだだめだ、だめだ!!!

 

 あなたを必ず救う。救ってみせる。

 

 今までだってずっと頑張ってきたんだ。

 

 ずっと一緒に戦ってきた。

 

 誰より苦労して。

 

 誰より辛い目にあって。

 

 まだ、あなたは報われていないじゃないか。

 

 こんな、わけのわからないお別れで。

 あなたを見殺しにしていくなんて。

 

 そんなこと、できない。

 

 この霊基グラフを差し出して、令呪も、全部差し出して、それで、それであなたが助かるなら――――――――――――――――――。

 

 例え、■■がなくなったって・・・・・・。

 

 

 

 

「 ーーーーーーーーーーいや、それは違うよ。」

 

 

 

 

 

 

 

痛いほどに唇を噛み締めて。

 

喉まで出かかった言葉を必死で飲み込んだ。

 

彼女。いや、彼が本当に望むものはわかっている。

 

俺は、ここでそれを台無しにするのか。

 

彼はそれで救われるかもしれない。

 

俺は、ここで殺されるかもしれない。

 

でも。

 

でも。

 

 

 

 

 

あぁ、まったく。

 

 

こんな時、ドクターがいたら・・・なんていうだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

[序8]

 

『今までありがとう。Ci vediamo(また会おう)、万能の人

 

 

 

 

 

 

 

[序8] [序8]

 

 

行くぞマシュ!この霊基グラフには、彼のものもある!きっと、また会える!

 

 

[序8] [序8]

 

 

 

ガコン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[序8]

[序8]

 

最後に見た彼(彼女)の笑顔(ほほえみ)は、「モナリザ」なんかに負けない、世界最高の美しさだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8]

 

 

薄暗いコンテナがガタガタ揺れだした。

急いで壁のパイプにしがみつき、暴れだしたコンテナに体を打ち付けないように必死で体を支えた。

 

[序8] [序8] [序8]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8]

 

どぅわぁ!

 

 

 

[序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8]  

 

ああもう、ここで死んだらダ・ヴィンチちゃんの犠牲が!

 

[序8] [序8]

 

え、この声は!?

 

[序8] [序8]

 

[序8]

何何!?なにこのエンジン音!タイヤが滑る音!え、これってただのコンテナじゃーーーーーーー!

 

 

 

 

 

[序8]  

 

!?

 

[序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8]

 

何がどうなってるんだー!

 

 

[序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8]

 

いやいやいや、そういう問題じゃなくて!

 

[序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8]

 

え、なに!?虚数潜航艇!?シャドウ・ボーダー!?人工サーヴァント!?

 

[序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8]

 

もう全然展開についていけないんですけど!!!

 

[序8] [序8] [序8] [序8]

 

 

[序8] [序8]

 

氷原?ここって雪山なんじゃ?

 

[序8] [序8] [序8]

 

 

[序8] [序8] [序8]

 

そこは一面真っ白で。

 

[序8]

 

どこまでも真っ白で。

 

[序8]

 

ていうか真っ白しかなくてーーーーーー!!!

 

[序8] [序8]

 

なあああああああああにいいいいいいいいいいい!!!!!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虚数潜航艇シャドウ・ボーダー。

新しいソシャゲのタイトルかと思えるようなその名前は、ホームズが密かに違法製造していた超特殊車両だった。

 

[序8]

 

 

 

[序8] [序8]

 

ここって南極だったのか・・・!あ、でも標高6000mの雪山だって・・・!

 

[序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8]

 

やはり。と言いたくないが、あの状況ならそうならざるを得ないだろう。

覚悟はしていたが、こうして突きつけられるとずしりと重い何かを感じる。

 

[序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8]

 

マシュの気持ちは痛いほどわかる。カルデアだけが、マシュの世界で、彼女にとっては家みたいなものだ。彼女の思い出は全てあそこに詰まっている・・・。

 

[序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8]

 

マシュのせいじゃないよ。全部あの狐みたいな女史とクソ神父のせいだ。

 

[序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8]

 

隕石?

 

[序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8]

 

 

直後、ノイズ混じりの音声がスピーカーから流れた。

 

聞いたことがない声だった。

 

[序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8]

 

これは・・・!

 

[序8] [序8] [序8] [序8]

 

クリプター、人類史の終了・・・?

 

 

[序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8]

 

これは・・・・・・。

 

[序8] [序8] [序8]

 

 

海岸線を埋め尽くしている・・・・あの数じゃ、もう・・・・。

 

 

[序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8]

 

何かあるから聞いているんですよね。シャーロック・ホームズ

 

[序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8]

 

もう全然わかんないけど、ここには信頼きる仲間がいる。

 

だったら、怖いものなんて何もない!

 

[序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8] [序8]

 

体がふわりと浮かんだ。

 

[序8]

 

夜があって、昼があって、ゼロがある。

 

[序8]

 

世界のどこでもない場所に出て、裏側からコースターを駆け上る。

 

[序8]

 

捻れた自分の体は死ぬほど気持ちわるかったけど。

 

[序8]

 

繋いだまま、震える彼女の手。

 

[序8]

 

その温もりは、とても温かくて。

 

[序8]

 

 


【Fate/Grand Order OP】第二部主題曲OP:「逆光」by「坂本 真綾」(字幕付)|FGO Part 2 OP : Cosmos in the Lostbelt

 

 

 

20180101074558 20180101074559 20180101074600 20180101074601 20180101074602 20180101074603 20180101074604 20180101074605 20180101074606 20180101074607 20180101074608 20180101074609 20180101074610 20180101074611 20180101074612 20180101074613 20180101074614 20180101074615 20180101074616 20180101074617 20180101074618 20180101074619 20180101074620 20180101074621 20180101074622 20180101074623 20180101074624 20180101074625 20180101074626 20180101074627 20180101074628 20180101074629 20180101074630 20180101074631  20180101075229 20180101075230 20180101075231 20180101075232 20180101075233 20180101075234 20180101075235 20180101075236 20180101075237 20180101075238 20180101075239 20180101075240 20180101075241 20180101075242 20180101075243 20180101075244 20180101075245 20180101075246 20180101075247 20180101075248 20180101075249 20180101075250 20180101075251 20180101075252 20180101075253 20180101075254 20180101075255 20180101075256 20180101075257 20180101075258 20180101075259 20180101075300 20180101075301 20180101075302 20180101075303 20180101075304 20180101075305 20180101075306 20180101075307 20180101075308 20180101075309 20180101075310

 

 

 

 

 

これは、人類未踏の旅への、ほんの序章に過ぎない。